この記事のまとめ

調剤薬局への転職では年収をあげることが最も簡単と言われています。その一番の近道は中小薬局、いわゆるパパママ薬局へ必要なスキルを売り込む方法です。例えば、在宅経験や個別指導、人事採用や数値管理などのスキルはこれから拡大を目指す中小薬局にとって貴重な存在となります。

「病院薬剤師で経験をつんだから、そろそろ調剤薬局へ転勤しようかな」
「専門知識を学んだし、年収交渉もできるかな」

転職コンシェルジュをしていると、よく聞くセリフです。

薬学生の中には「調剤薬局って就職するといいのかな?」と考えている学生さんもいるでしょう。
大手にお勤めの薬剤師は、今後どうすれば年収があがるのか考えている方もいるでしょう。

あなたの経験次第で年収アップは可能です!

これは以前の、支援した方の給与明細です(許可済み)

この方の年収UPの秘訣は「インセンティブ」でした。

彼は以下のような経験を大手のドラッグストアで学んできたために、ほぼどんな条件も実現可能にすることができました。

POINT!

・在宅(契約~往診同行、報告書の作成)

 

・個別指導は経験(新規個別指導だけでも可)

 

・薬局管理、数値管理(在庫管理、営業利益、労働分配率)

 

・新店開局に関する知識(保険薬局に必須な書類など)

 

・人事採用(新卒でも中途でも可)

なかなか私もできる!という方は少ないのではないでしょうか。
ましてや、病院勤務の先生では上に書いた1つもピンとこない、なんてこともあるでしょう。これらのポイントをクリアすれば転職時に「インセンティブ」がつく可能性が高いのです。

どの調剤薬局へ転職したらいい?

POINT!

結論から言うと、調剤薬局への転職大手では年収は変わらない

調剤薬局業界は厳しい向かい風であると言えます。比較的、新卒が多く集まる大手では、給与交渉は難航することが多いです。また、決まった給与内規や昇格制度があるため、転職で大手はナンセンス。

調剤薬局ってどんなところ?

すでにご存知の方は読み飛ばしてください。

調剤薬局の平均年収はどうか(2019年度)

就職先 初任給 1年目の年収 昇給後の年収
病院 20万円~25万円 350万円~400万円 700万円
調剤薬局 25万円~30万円 400万円~500万円 700万円
調剤併設ドラッグストア 25万円~35万円 450万円~550万円 900万円
製薬MR(内外資) 20万円~25万円 350万円~400万円 1200万円

いかがですか?初任給では調剤薬局ドラッグストア>調剤薬局>病院=製薬MRという順になります。

調剤薬局でのお仕事内容は?

お仕事のメインは調剤業務になります。

多くは門前タイプといって大手病院やクリニックの前に立地していて、そこからの処方せんをもとに調剤よ服薬指導を行います。

あとは、在宅業務に参入している企業が多いでしょう。薬局内で一包化したものをカレンダー等にセットします。その後、個人宅や施設に訪問し、残薬管理や処方提案、報告書の作成をおこなう業務です。
場合によっては往診同行といって患者(利用者)をドクターと一緒に見て回ることもあります。

調剤薬局で働くメリットは?

POINT!

・残業が無く自分のペースで、決まった時間だけ働くことができる。充実した福利厚生!

 

・決まった病院からの処方が多く、専門的な処方を学びやすい。ドクターとの関係は良好!

なんといっても、
産休や育休などの福利厚生が充実していて、女性にとっては働きやすい環境です。
企業によっては、80%以上が女性というところもあります。

調剤薬局で働くデメリットは?

POINT!

・狭い空間に決まったメンバーなので人間関係が複雑

 

・決まった病院からしか処方せんは来ないので、知識に偏りがでてしまう

 

・OTC(市販薬)を扱わないので、飲み合わせの質問に困るときがある

 

・長期処方(90日以上)が多く、服薬指導後は患者との接点が少ない

 

・処方せん枚数が多いと、「さばく」ことを求められて密な服薬指導ができない

こう見てみると個人的にはデメリットと感じることが多い業界です。
医療費削減が叫ばれるなか、OTC知識が薄いということは「予防」医療ができないということです。

大手薬局の魅力は安定性?

大手調剤薬局では年収はあがらないと書きましたが、その魅力は安定性と言う方もいます。
しかし、今や、大手でも調剤薬局業界は安定しているとも言えません。

大手3社の安定性を比較

営業利益率

少し前の結果ですが、上のグラフを見てみてください。

これは営業利益率(儲けがでているか)の推移です。大手3社ですら、2011年度をピークとして、利益横ばいを保つのがやっとの状況です。新規に出店することは少なくなり、多くはM&Aで買収して店舗数を増やしています。

中小企業は安定していない怖さ

中小企業は調剤報酬改定により利益を出すことが困難です。
いつ大手に吸収されてもおかしくない状況とも言えるので、経営状況を見極める必要があります。

中小を大手がM&Aで吸収するという構図は火を見るより明らかですね。
しかし、大手は大手で、大量の資金で買収するので貯金は無くなっていきます。

また、買収後も店舗改装などでお金はアッという間に無くなるということが容易に想像つきます。

実際に2016年度調剤報酬改定では以下のような影響がありました。
例えば・・・

・Qオール(4~9月期)
保険薬局事業27%の営業減益

・Kメイ(4~9月期)
営業利益は94%

・FルコHD(4~9月期)
営業利益は27.7%

・FマライズHD(6~8月期)
2900万円の営業赤字

調剤薬局業界が厳しい背景(国の考え)

あなたは「患者のための薬局ビジョン」をご存知ですか?

この資料は厚生省から正式に交付されている資料で、かならず目を通してください。
今後、国が求める薬剤師の働き方(調剤薬局、調剤併設ドラッグストア)が書かれています。

その中に以下のようなイメージ画像があります。(引用;厚生労働省ホームページ 患者のための薬局ビジョンより)

かかりつけ薬局

大手病院の前に、多くの薬局がひしめきあっている姿を見たことはありませんか?
このような状態では、国が推進している「かかりつけ薬局」は実現できません。

なので、国としては大手病院やクリニックの目の前にある調剤薬局を潰して、家の近くにある「かかりつけ薬局」のみを残すよう、規制を強化しています。

調剤薬局業界が厳しい背景(医師会)

わたしたちには薬剤師会があるように、医師にも医師会が存在します。
しかしながら、その発言力や影響力は医師会>薬剤師会であることは否めません。

そんな医師会の鈴木邦彦常任理事は、
数年前に行われた日本薬剤師会学術大会にて、こんな発言をしています。

「医師は母屋でおかゆをすすり、薬剤師は離れですき焼き三昧」
日本医師会 鈴木邦彦常任理事

医師はクリニック等(母屋)で大変な思い(おかゆ)をしているのに、薬剤師は目の前の調剤薬局(離れ)で楽に儲けている(すき焼き三昧)ということへの皮肉です。

医師会常任理事からの発言からもわかるように、今までこの業界は楽に儲けすぎていました。この状態を国も黙っているはずはありません。

調剤薬局への転職で年収アップするためには?

企業が生き残るための即戦力スキルを身につける!

ここまで、いかにこの業界が厳しく、多くの調剤薬局が潰れていくのかを解説しました。しかし、そんな業界でも年収を上げることができます。むしろ、危機にはチャンスがあります。

最初の「年収アップのポイント」を思い出してください。

これらのスキルは特に、中小企業が事業拡大の際に必要なスキル。

企業の開設者は薬剤師ではないことが多く、これらができる人はノドから手が出るほど欲しいのです。

つまり、これらのスキルを身につけた人材(人財)は高い年収でも獲得したい!

いかがですか?
なんとなく、年収交渉にあたって身につけていると有利になる条件がわかったかと思います。

⇑クリックするとLineが開きます

※Line ID「yaku3143」(ヤクザイシサン)も検索可

Lineをお持ちでない方は以下からご相談ください

お問い合わせ、メッセージは以下フォームをご利用ください。
内容によっては返答にお時間を頂く場合がございます。

転職希望の時期(任意)
未定すぐにでも6ヶ月以内1年以内

現在のお勤め先(任意)
調剤薬局調剤併設ドラッグストア病院製薬MR/MS治験関係公務員その他